ほんとうの手とぼく

明治から大正時代発行の記念切手は高価買取対象切手

普通の切手よりも切手買取に出すのであれば、記念切手のほうが買取査定額も高くなりやすいですが、さらに高価買取を目指すのであれば、切手の発行時期を狙うことです。記念切手は昔から何かのイベントごとのたびに発行をされますし、国家行事に伴い記念切手は発行をされますが、特に狙い目は明治から大正時代の発行切手になります。今でも記念切手はことあるごとに発行をされていますが、明治時代から大正時代にかけての記念切手は貴重であり、それは切手の発行枚数自体が少ない為です。飛行郵便試験記念切手や、儀式のかんむりなどのこの時代の切手は希少価値が高く、発行枚数が最初から少ないので、現代も探してのもなかなか見つかりません。切手愛好家にとっては希少価値の高い明治時代から大正時代の記念切手は、喉から手が出るほど欲しい切手です。シートでまとめての状態ではなくても、時代背景も伴いこの時代の記念切手であることにすでに価値があるので、バラでも十分に高価買取は期待はできます。